HOME > 患者のみなさま > 特殊外来のご案内 > 皮膚膠原病外来

皮膚膠原病外来

診療日

毎週水曜日、午前 午後

担当医

谷川 瑛子

対象疾患

全身性エリテマトーデス、皮膚エリテマトーデス、皮膚筋炎、関節リウマチ、シェーグレン症候群、抗リン脂質抗体症候群、ベーチェット病、血管炎(結節性動脈炎、IgA血管炎、リベド血管炎、蕁麻疹様血管炎)、その他の関連疾患

診療内容

 

一般的に「膠原病」と呼ばれている病気は私たちが持っている「自分で自分を守る「免疫」というシステムが様々な原因によってなんらかの異常が起こった結果、皮膚または内臓に色々な症状が出現してくる状態です。代表的な病気には全身性または皮膚エリテマトーデス、強皮症、皮膚筋炎、関節リウマチ、シェーグレン症候群、ベーチェット病、血管炎など、沢山の病気を含んでいます。当外来では上に挙げた病気によって起きる様々な皮膚症状(赤い発疹、「しこり」を触れる、関節が腫れているまたは痛い、髪が抜けるなど)の診断と治療を行っています。また新しい治療も工夫しながら取り入れています。「膠原病」では病気によって皮膚症状が違い、また患者さんの悩みも異なります。当外来では一人一人の患者に適した治療を行うと同時に、ご自身の病気に関する疑問についても懇切丁寧に説明することを心がけております。「膠原病」または関連することでお悩みの方、どうぞいつでも担当医にご相談ください。