HOME > 患者のみなさま > 特殊外来のご案内 > 免疫病外来

免疫病外来

診療日

毎週木曜日 午後

担当医

山上 淳

対象疾患

自己免疫性水疱症(天疱瘡、類天疱瘡、後天性表皮水疱症、線状IgA皮膚症など)

診療内容

 

本来、自身を感染などから守るための免疫が、皮膚や粘膜を構成する蛋白を攻撃してしまう結果、水疱やびらんを生じる自己免疫性の水疱症を対象としています。病気の勢いが強く、症状が激しいときには、入院して治療することが必要です。
 外来では、比較的症状の落ち着いている方、入院治療後軽快している方を多く診察しています。ステロイドの内服が治療法の中心となりますが、ステロイドによる副作用の出現を防ぐため、免疫抑制剤等の投与を行うこともあります。
患者さん一人一人の状況に合わせて、最適の治療を提供いたします。疑問や不安があれば、遠慮なく担当医にご相談下さい。

お知らせ

  • 天疱瘡、水疱性類天疱瘡に対する新しい治療薬の治験に参加していただける場合があります。詳細は担当医にご相談下さい。
  • 天疱瘡に罹患している方は、厚生労働省特定疾患治療研究事業により認定を受けますと、医療費の補助を受けることが可能です。