HOME > 患者のみなさま > 特殊外来のご案内 > 腫瘍外来(乳房外パジェット病に対する先進医療)

先進医療(乳房外パジェット病)


2017年2月に公示となり、2017年3月から2019年3月までの予定で実施されます。

対象となる患者さんについて


下記のフローの流れに沿って黄色の枠にある、「抗癌剤治療を予定」している患者さんが対象になります。HER2検査は「先進医療」の中で実施可能な検査です。慶應義塾大学病院皮膚科を受診していただくことで、検査ができます。

治療は初回が2泊の入院になりますが、2回目以降は外来で実施します。

トラスツズマブとドセタキセルを点滴します。

効果が得られれば、治療を継続していきます。

(※その他、関東近辺の治験/臨床研究情報についても情報提供しております。)


連絡先
研究事務局:慶應義塾大学医学部皮膚科学教室
平井郁子、石井麻貴
Tel: 03-5363-3823
UMINサイト