HOME > 医療従事者のみなさま > 常勤スタッフ一覧 > 中村善雄

中村善雄

中村善雄 Yoshio Nakamura M.D.,Ph.D.
慶應義塾大学医学部皮膚科 助教, 博士(医学)

略歴

2006年

金沢大学医学部医学科卒業

東京厚生年金病院初期臨床研修医

2008年

慶應義塾大学医学部皮膚科学教室専修医

2009年

荻窪病院皮膚科医員

2012年

慶應義塾大学医学部皮膚科 助教

2014年

慶應義塾大学大学院博士課程(医療科学系臨床腫瘍学)

国立がん研究センター中央病院 皮膚腫瘍科短期レジデント

2016年

慶應義塾大学皮膚科 助教

学会活動

日本皮膚科学会
日本皮膚外科学会
日本研究皮膚科学会

専門

臨床領域・・・皮膚全般、皮膚がん、皮膚外科
研究領域・・・皮膚がん 

資格

日本皮膚科学会認定 皮膚科専門医
日本皮膚科学会認定 皮膚悪性腫瘍指導専門医
日本がん治療認定医機構 がん治療認定医

代表的な論文

  1. Nakamura Y, Kitano S, Takahashi A, Tsutsumida A, Namikawa K, Tanese K, Abe T, Funakoshi T, Yamamoto N, Amagai M, Yamazaki N. Nivolumab for advanced melanoma: pretreatment prognostic factors and early outcome markers during therapy Oncotarget. 2016; 7: 77404-77415

  2. Yamagami J, Nakamura Y, Nagao K, Funakoshi T, Takahashi H, Tanikawa A, Hachiya T, Yamamoto T, Ishida-Yamamoto A, tanaka T, Fujimoto N, Nishigori C, Yoshida T, Ishii N, Hashimoto T, Amagai M Vancomycin Mediates IgA Autoreactivity in Drug-Induced Linear IgA Bullous Dermatosis. J Invest Dermatol. 2018; 138:1473-1480

  3. Nakamura Y, Tanese K, Hirai I, Kameyama K, Kawakami Y, Amagai M, Funakoshi T. Evaluation of appropriate surgical margin for pigmented basal cell carcinoma according to the risk factor for recurrence: A single-institute retrospective study in Japan J Eur Acad Dermatol Venereol. 2018; 32:e453-e455

  4. Nakamura Y, Tanese K, Hirai I, Amagai M, Kawakami Y, Funakoshi T. Serum cytokeratin 19 fragment 21-1 and carcinoembryonic antigen combination assay as a biomarker of tumour progression and treatment response in extramammary Paget's disease. Br J Dermatol. 2019 Feb 21. doi: 10.1111/bjd.17789