HOME > 医療従事者のみなさま > 常勤スタッフ一覧 > 大内 健嗣

大内 健嗣

大内 健嗣 Takeshi Ouchi, M.D., Ph.D.
慶應義塾大学医学部皮膚科 助教, 博士(医学)

略歴

2003年

慶應義塾大学医学部 卒業

2003年

慶應義塾大学医学部皮膚科 研修医

2005年

静岡市立清水病院 皮膚科

2008年

慶應義塾大学医学部皮膚科 助教

2011年

北里研究所病院 皮膚科

2011年

米国国立衛生研究所 (NIH) 訪問研究員

2014年

日本学術振興会 海外特別研究員(NIH)

2015年

慶應義塾大学医学部皮膚科 助教

学会活動

日本皮膚科学会
日本研究皮膚科学会
日本美容皮膚科学会
レーザー学会

受賞


2004年 Award for an Outstanding Poster Presentation, The 103th Annual Meeting of the Japanese Dermatological Association

2011年 Award for an Outstanding Poster Presentation, The 41st Annual European Society for Dermatological Research Meeting

2012年 13th Galderma Award, The 37th Annual Meeting of the Japanese Society for Investigative Dermatology, 2013

専門

臨床領域・・・皮膚全般、レーザー治療、薬剤アレルギー
研究領域・・・皮膚免疫学、細胞生物学

資格

皮膚科専門医

主な研究成果


 医学部卒業後、慶應義塾大学および静岡市立清水病院にて皮膚科医として臨床経験を積み、2008年に大学病院に帰室した。大学病院では腫瘍外来、レーザー外来を担当する一方で、天谷雅行教授の指導、ならびに現在、米国国立衛生研究所(NIH)主任研究員である永尾圭介専任講師(当時)の下、皮膚ランゲルハンス細胞の研究を開始した。この研究は、ランゲルハンス細胞の皮膚タイトジャンクション存在下で誘導する経皮的液性免疫機構を明らかにした。すなわち、皮膚の表面には多くの常在細菌が存在し、ときに強い病原性を示すことがあるが、ランゲルハンス細胞は皮膚タイトジャンクションを壊すことなく、日頃から細菌由来抗原を獲得し、病原性抗原が生体内に入る前から先制防御的に抗原特異的な液性免疫を誘導していることを証明した(J Exp Med 2011)。

 2011年米国国立衛生研究所 (NIH)、Dermatology Branchに留学し、Dr. Mark C. Udeyの指導の下、ランゲルハンス細胞および上皮組織に高発現するEpithelial Cell Adhesion Molecule(EpCAM)の機能解析に携わった(論文準備中)。

代表的な論文


T. Ouchi, A. Kubo, M. Yokouchi, T. Adachi, T. Kobayashi, D.Y. Kitashima, H. Fujii, B.E. Clausen, S. Koyasu, M. Amagai, K. Nagao. Langerhans cell antigen capture through tight junctions confers preemptive immunity in experimental staphylococcal scalded skin syndrome. J Exp Med 208 2607-2613, 2011