HOME > 医療従事者のみなさま > 常勤スタッフ一覧 > 高橋 勇人

高橋 勇人

高橋 勇人

高橋 勇人 Hayato Takahashi
慶応義塾大学医学部専任講師、博士(医学)

略歴

2000年

慶應義塾大学医学部卒業

2000年

慶應義塾大学医学部皮膚科 研修医

2006年

慶應義塾大学大学院医学研究科 単位取得退学

2006年

慶應義塾大学医学部皮膚科 助手

2006年

東京電力病院皮膚科 副科長

2009年

米国国立衛生研究所(NIH) visiting fellow

2011年

日本学術振興会 海外特別研究員(NIH)

2012年

慶應義塾大学医学部皮膚科 助教

2015年

慶應義塾大学医学部皮膚科 専任講師(学部内)

学会活動

日本皮膚科学会
日本研究皮膚科学会(評議員2013-)
日本免疫学会

授賞

2012年

皆見省吾記念賞(日本皮膚科学会)

2013年

三四会奨励賞(慶應義塾大学医学部三四会)

専門

臨床領域・・・皮膚科一般、薬疹、アレルギー性疾患、炎症性皮膚疾患、自己免疫性皮膚疾患
研究領域・・・皮膚免疫学

主な研究成果

 西川武二前皮膚科教授の門下生として2002年に大学院に入学し、西川前教授の指導に加え、当時の天谷雅行専任講師(現在は皮膚科教授)、医学部先端医科学研究所細胞情報部門の河上裕教授、桑名正隆専任講師(現在はリウマチ内科准教授)の指導のもと自己免疫水疱症における自己反応性T細胞の研究を開始した。天疱瘡の自己抗原であるデスモグレイン3(Dsg3)に反応するT細胞のクローニンングに成功し、自己反応性T細胞には病原性の有無が存在すること、天疱瘡モデルマウスの病態にインターロイキン4(IL-4)が重要であること、を明らかにした(J Immunol 2008)。

 クローニングしたT細胞からT細胞受容体(TCR)遺伝子を単離し、TCRトランスジェニックマウスを作成、本マウスが世界で唯一の生理的表皮抗原に対する免疫寛容機構を解析できる有用なツールであることを示した。また自己反応性T細胞が自己抗体産生を誘導するだけでなく、interface dermatitisと呼ばれる皮膚炎を起こすことを示した(J Clin Invest 2011)。

 T細胞研究の魅力に取り付かれ、2009年米国国立衛生研究所、National Institutes of Arthritis and Musculoskeletal and Skin Diseases (NIAMS)に留学し、John J O’Shea博士のもとでヘルパーT細胞の分化機構について基礎的な研究に従事した。特に、制御性T細胞に高発現するmicroRNAの機能解析を行い、miRNA-10aがT細胞の可塑性を制御する因子の一つであることを明らかにした(Nat Immunol 2012)。

 帰国後、基礎研究として再びTCRトランスジェニックマウスを利用し、interface dermatitisの分子機構や自己反応性T細胞に対する免疫寛容機構の解析を行っている。またT細胞が深く関わる薬疹の病態解明をめざした研究も行っている。

資格

皮膚科専門医

代表的な論文

  1. Takahashi H, Amagai M, Nishikawa T, Fujii Y, Kawakami Y, Kuwana M. Novel System Evaluating In Vivo Pathogenicity of Desmoglein 3-Reactive T-Cell Clones Using Murine Pemphigus Vulgaris. J Immunol 181(2): 1526-1535, 2008
  2. Takahashi Hayato, Kouno Michiyoshi, Nagao Keisuke, Wada Naoko, Hata Tsuyoshi, Nishimoto Shuhei, Iwakura Yoichiro, Yoshimura Akihiko, Yamada Taketo, Kuwana Masataka, Fujii Hideki, Koyasu Sshigeo, Amagai Masayuki: Desmoglein 3-specific CD4+ T cells induce pemphigus vulgaris and interface dermatitis in mice. J Clin Invest. 2011 Sep 1;121(9):3677-88.
  3. Hayato Takahashi, Tomohiko Kanno, Shingo Nakayamada, Kiyoshi Hirahara, Giuseppe Sciume, Stefan A Muljo, Stefan Kuchen, Rafael Casellas, Lai Wei, Yuka Kanno & John J O’Shea. TGF-β and retinoic acid induce the microRNA miR-10a, which targets Bcl-6 and constrains the plasticity of helper T cells. Nat Immunol. 2012 Apr 29;13(6):587-95