HOME > 医療従事者のみなさま > 常勤スタッフ一覧 > 齋藤 昌孝

齋藤 昌孝

齋藤 昌孝 Masataka Saito
慶應義塾大学医学部専任講師、 博士(医学)

略歴

1996年

慶應義塾大学医学部卒業

1996年

慶應義塾大学医学部皮膚科研修医

1998年

米国メソジスト大学留学

1999年

国立霞ヶ浦病院皮膚科医員

2000年

杏林大学医学部皮膚科助手

2002年

慶應義塾大学医学部皮膚科助手

2007年

慶應義塾大学医学部皮膚科助教

2008年

米国エモリー大学留学

2011年

慶應義塾大学医学部皮膚科助教

2013年

慶應義塾大学医学部皮膚科専任講師

学会活動

日本皮膚科学会
日本研究皮膚科学会(評議員 2013-)
Society for Investigative Dermatology

専門

臨床領域・・・皮膚疾患全般、爪疾患全般(稀少および難治性爪疾患、巻き爪・陥入爪など)、下肢静脈瘤
研究領域・・・自己免疫性水疱症、細胞接着分子、遺伝性皮膚疾患

資格

日本皮膚科学会認定皮膚科専門医
下肢静脈瘤血管内焼灼術実施医

代表的な論文

  1. Saito M, Ohyama M, Amagai M. Exploring the biology of the nail: An intriguing but less-investigated skin appendage. J Dermatol Sci, 79 (3): 187-193, 2015
  2. Stahley SN, Saito M*, Faundez V, Koval M, Mattheyses AL, Kowalczyk AP. Desmosome assembly and disassembly are membrane raft-dependent. PLoS One, 9 (1):e87809, 2014
  3. *co-first author

  4. Saito M, Stahley SN, Caughman CY, Mao X, Tucker DK, Payne AS, Amagai M, Kowalczyk AP. Signaling dependent and independent mechanisms in pemphigus vulgaris blister formation. PLoS One, 7 (12): e50696, 2012
  5. Saito M, Tucker DK, Kohlhorst D, Niessen CM, Kowalczyk AP. Classical and desmosomal cadherins at a glance. J Cell Sci, 125: 2547-52, 2012
  6. Saito M, Ishiko A. A novel silent mutation in the NSDHL gene causing CHILD syndrome as a result of aberrant splicing. Br J Dermatol, 159 (5): 1204-6, 2008
  7. Saito M, Masunaga T, Teraki Y, Takamori K, Ishiko A. Genotype-phenotype correlations in six Japanese patients with recessive dystrophic epidermolysis bullosa with the recurrent p.Glu2857X mutation. J Dermatol Sci, 52 (1): 13-20, 2008