HOME > 医療従事者のみなさま > 常勤スタッフ一覧 > 天谷 雅行

 

天谷 雅行

天谷 雅行

天谷 雅行 Masayuki Amagai
慶應義塾大学医学部教授、医学博士

略歴

1985年

慶應義塾大学医学部卒業

1989年

慶應義塾大学大学院医学研究科博士課程修了

1989年

北里研究所病院皮膚科

1989年

米国国立衛生研究所(NIH)

1992年

東京電力病院皮膚科

1996年

愛媛大学医学部皮膚科助手

1996年

慶應義塾大学医学部皮膚科専任講師

2005年

慶應義塾大学医学部皮膚科教授

2007年

慶應義塾大学病院副病院長(~2013年9月)

2013年

理化学研究所 統合生命医科学研究センター 非常勤チームリーダー

2013年

慶應義塾大学医学部医学部長補佐(~2017年9月)

2017年

慶應義塾大学医学部医学部長

雑誌編集委員

The Journal of Clinical Investigation (Consulting Editor, 2007- present)
The Journal of Investigative Dermatology (Section Editor, 2002-2017; Editorial Consultant 2017-present)
British Journal of Dermatology (Editorial Advisory Board, 2001- present)
The Journal of Dermatological Science (Editorial Board, 2001-2014)
Experimental Dermatology (Editorial Board, 2003- 2014)
Der Huatarzt (Editorial Board, 2007-present)
Faculty of 1000 Medicine (Section Head, 2005- present)
The Journal of American Academy of Dermatology (Editorial Board, 1998- 2008)
皮膚病診療 (アドバイザー, 2014年1月1日-2015年12月31日)
Fitzpatrick's Dermatology in General Medicine 9th edition (Editor, 2014-present)

 

学会活動

日本皮膚科学会(理事 2011-, 副理事長2016-2018, 理事長2018-)
日本研究皮膚科学会(若手理事1999-2002, 理事2003-2011, 事務局長 2011-2012, 理事長2011-2014,
ISID理事2015- )
日本免疫学会(評議員2008-)
日本炎症・再生医学会(評議員2010-、理事2013-)
日本細胞生物学会(評議員2002-2010)
日本乾癬学会(評議員2005-)
日本皮膚悪性腫瘍学会(評議員2005-)
日本臨床皮膚科医会
International Society for Investigative Dermatology (Board of Director, 2014-)
Society for Investigative Dermatology
European Society for Dermatological Research
American Academy of Dermatology

受賞・功績

1990年

皆見賞(日本皮膚科学会)

2000年

JSID賞(日本研究皮膚科学会)

2002年

Alfred Marchionini Research Award (World Congress of Dermatology)

2002年

Morris H Samitz Lectureship Award (University of Pennsylvania)

2003年

William Montagna Lectureship Award
(The Society of Investigative Dermatology)

2005年

CE.R.I.E.S. Research Award

2006年

日本学術振興会賞

2006年

日本免疫学会賞

2012年

第49回ベルツ賞1等賞

2013年

The 2013 Research Achievement Award
(American Skin Association)

2013年

ASDR-JSID 2013 International Lecturer Award (ASDR、JSID)

2014年

2014年度 小川・清寺記念賞 (一般財団法人リディアオリリー記念皮膚科学振興財団)

2015年

Authur Rook Oration from British Association of Dermatologists

2015年

Honorary Membership of the European Society for Dermatological Research

2015年

Honorary Membership of the German Society of Dermatology

2016年

International honorary member of American Dermatological Association

2016年

International Member of the National Academy of Medicine (NAM)

2017年

日本学術会議会員

専門

臨床領域・・・皮膚全般、自己免疫性水疱症、アレルギー性疾患、皮膚感染症
研究領域・・・皮膚免疫学、細胞生物学、分子生物学

主な研究成果

 1985年に大学院生として西川武二前皮膚科教授の指導により、自己免疫性水疱症の研究を開始し、清水信義 分子生物学教授の指導により、分子生物学的手法を習得した。1989年、米国国立衛生研究所、国立癌研究所(NCI, NIH)皮膚科に留学し、John R. Stanley博士のもとで尋常性天疱瘡の抗原蛋白のcDNAクローニングに成功し、カドヘリン型の細胞間接着因子であるデスモグレイン(Dsg)であることを明らかにした(Cell 1991)。

 帰国後、正しい立体構造を持った組換え天疱瘡抗原蛋白の作成にバキュロウイルス発現系を用いて成功し(J Clin Invest 1994)、組換え抗原蛋白を用いたELISA法の開発(J Immunol 1997)、腫瘍随伴性天疱瘡の細胞膜標的蛋白の同定(J Clin Invest 1998)を行った。 同ELISA法は、2003年7月に天疱瘡血清学的診断法として保険収載される。

 自己抗原ノックアウトマウスが欠損している自己抗原に対して免疫寛容が成立していないことを利用した新しい自己免疫疾患モデルマウスの作成法を考案し(J Clin Invest 2000)、天疱瘡モデルマウスを作成した(小安重夫 微生物学・免疫学教授との共同研究)。天疱瘡モデルマウスから、疾患を誘導するモノクローナル抗体の単離し(J Immunol 2003)、重症例と軽症例と異なった表現型をとる分子レベルの病態解明へ前進した。また、Dsg3反応性T細胞クローンからT細胞受容体トランスジェニックマウスを作製し、自己反応性T細胞は抗体産生に関与するのみならず、Interface Dermatitisを誘導することを示し、T細胞浸潤を示す多くの皮膚疾患の病態に自己免疫が関与することを明らかにした(J Clin Invest 2011)。開発されたマウスを用いて、自己免疫発症機序の解明のため、自己反応性T細胞、B細胞に対する末梢免疫寛容機構の解明を目指している。

 ブドウ球菌性熱傷様皮膚症候群(SSSS)および伝染性膿痂疹では、黄色ブドウ球菌の産生する表皮剥奪性毒素(ET)による水疱が誘導されることが知られているが、毒素発見以来30年間その分子機序が不明であった。SSSSと落葉状天疱瘡の表現型が酷似していることから、ETの標的蛋白が落葉状天疱瘡抗原であるデスモグレイン1であることを予想し、ETが、デスモグレイン特異的なセリンプロテアーゼであることを明らかにした (Nat Med 2000、N Eng J Med 2006)。

 アトピー性皮膚炎、アレルギー疾患におけるアレルゲン感作において重要な経皮感作機序の全容解明を目指している。表皮樹状細胞であるランゲルハンス細胞は、樹状突起をタイトジャンクションの外側に伸ばし、外来抗原を捕捉し、免疫を惹起することを明らかにした(J Exp Med 2009, 2011, J Clin Invest 2012)。フィラグリン欠損マウスの作製に成功し(J Allergy Clin Immunol 2012)、角層バリア機能の解析を行っている(Sci Rep 2013)。

資格

皮膚科専門医、皮膚科指導医

代表的な論文

  1. Amagai M, Klaus-Kovtun V, Stanley JR. Autoantibodies against a novel epithelial cadherin in pemphigus vulgaris, a disease of cell adhesion. Cell 67: 869-877, 1991
  2. Amagai M, Karpati S, Prussick R, Klaus-Kovtun V, Stanley JR Autoantibodies against the amino-terminal cadherin-like binding domain of pemphigus vulgaris antigen are pathogenic. J Clin Invest 90: 919-926, 1992
  3. Tang A, Amagai M, Granger LG, Stanley JR, Udey MC: Adhesion of epidermal Langerhans cells to keratinocytes mediated by E- cadherin. Nature 361: 82-85, 1993
  4. Amagai M, Hashimoto T, Shimizu N, Nishikawa T Absorption of pathogenic autoantibodies by the extracellular domain of pemphigus vulgaris antigen (Dsg3) produced by baculovirus. J Clin Invest 94: 59-67, 1994
  5. Ishii K, Amagai M, Hall RP, Hashimoto T, Takayanagi A, Gamou S, Shimizu N, Nishikawa T Characterization of autoantibodies in pemphigus using antigen- specific ELISAs with baculovirus expressed recombinant desmogleins. J Immunol 159: 2010-2017, 1997
  6. Amagai M, Nishikawa T, Nousari HC, Anhalt GJ, Hashimoto T Antibodies against desmoglein 3 (pemphigus vulgaris antigen) are present in sera from patients with paraneoplastic pemphigus and cause acantholysis in vivo in neonatal mice. J Clin Invest 102: 775-782, 1998
  7. Amagai M, Tsunoda K, Suzuki H, Nishifuji K, Koyasu S, Nishikawa T Use of autoantigen knockout mice to develop an active autoimmune disease model of pemphigus. J Clin Invest 105: 625-631, 2000
  8. Amagai M, Matsuyoshi N, Wang ZH, Andl C, Stanley JR Toxin in bullous impetigo and staphylococcal scalded skin syndrome targets desmoglein 1. Nature Medicine 6: 1275-1277, 2000
  9. Wu H, Wang ZH, Yan A, Lyle S, Fakharzadeh S, Wahl JK, Wheelock MJ, Ishikawa H, Uitto J, Amagai M, Stanley JR: Protection against pemphigus foliaceus by desmoglein 3 in neonates. N Eng J Med 343: 31-35, 2000
  10. Sekiguchi M, Futei Y, Fujii Y, Iwasaki T, Nishikawa T, Amagai M Dominant autoimmune epitopes recognized by pemphigus antibodies map to the N-terminal adhesive region of desmogleins. J Immunol 167: 5439-5448, 2001
  11. Tsunoda K, Ota T, Aoki M, Yamada T, Nagai T, Nakagawa T, Koyasu S, Nishikawa T, and Amagai M Induction of pemphigus phenotype by a mouse monoclonal antibody against the amino-terminal adhesive interface of desmoglein 3. J Immunol 170:2170-2178, 2003
  12. Nagasaka T, Nishifuji K, Ota T, Whittock NV, and Amagai M Defining the pathogenic involvement of desmoglein 4 in pemphigus and staphylococcal scalded skin syndrome. J Clin Invest 114:1484-1492, 2004
  13. Stanley JR, Amagai M. Pemphigus, bullous impetigo, and the staphylococcal scalded-skin syndrome. N Engl J Med 355 (17): 1800-1810, 2006.
  14. Fallon PG, Sasaki T, Sandilands A, Campbell LE, Saunders SP, Mangan NE, Callanan JJ, Kawasaki H, Shiohama A, Kubo A, Sundberg JP, Presland RB, Fleckman P, Shimizu N, Kudoh J, Irvine AD, Amagai M, McLean WH. A homozygous frameshift mutation in the mouse Flg gene facilitates enhanced percutaneous allergen priming. Nat Genet 41 (5): 602-608, 2009.
  15. Kubo A, Nagao K, Yokouchi M, Sasaki H, Amagai M. External antigen uptake by Langerhans cells with reorganization of epidermal tight junction barriers. J Exp Med 206 (13): 2937-2946, 2009.
  16. Takahashi H, Kouno M, Nagao K, Wada N, Hata T, Nishimoto S, Iwakura Y, Yoshimura A, Yamada T, Kuwana M, Fujii H, Koyasu S, Amagai M. Desmoglein 3-specific CD4+ T cells induce pemphigus vulgaris and interface dermatitis in mice. J Clin Invest 121 (9): 3677-3688, 2011.
  17. Kawasaki H, Nagao K, Kubo A, Hata T, Shimizu A, Mizuno H, Yamada T, Amagai M. Altered stratum corneum barrier and enhanced percutaneous immune responses in filaggrin-null mice. J Allergy Clin Immunol 129 (6): 1538-1546, 2012.
  18. Kubo A, Nagao K, Amagai M. Epidermal barrier dysfunction and cutaneous sensitization in atopic diseases. J Clin Invest 122 (2): 440-447, 2012.
  19. Nagao K, Kobayashi T, Moro K, Ohyama M, Adachi T, Kitashima DY, Ueha S, Horiuchi K, Tanizaki H, Kabashima K, Kubo A, Cho YH, Clausen BE, Matsushima K, Suematsu M, Furtado GC, Lira SA, Farber JM, Udey MC, Amagai M. Stress-induced production of chemokines by hair follicles regulates the trafficking of dendritic cells in skin. Nat Immunol 13 (8): 744-752, 2012.
  20. Hata T, Nishimoto S, Nagao K, Takahashi H, Yoshida K, Ohyama M, Yamada T, Asano K, Amagai M. Ectopic expression of epidermal antigens renders the lung a target organ in paraneoplastic pemphigus. J Immunol 191 (1): 83-90, 2013.
  21. Sasaki T, Shiohama A, Kubo A, Kawasaki H, Ishida-Yamamoto A, Yamada T, Hachiya T, Shimizu A, Okano H, Kudoh J, Amagai M. A homozygous nonsense mutation in the gene for Tmem79, a component for the lamellar granule secretory system, produces spontaneous eczema in an experimental model of atopic dermatitis. J Allergy Clin Immunol 132 (5): 1111-1120, 2013.
  22. Kubo A, Shiohama A, Sasaki T, Nakabayashi K, Kawasaki H, Atsugi T, Sato S, Shimizu A, Mikami S, Tanizaki H, Uchiyama M, Maeda T, Ito T, Sakabe J, Heike T, Okuyama T, Kosak iR, Kosaki K, Kudoh J, Hata K, Umezawa A, Tokura Y, Ishiko A, Niizeki H, Kabashima K, Mitsuhashi Y, Amagai M. Mutations in SERPINB7, Encoding a Member of the Serine Protease Inhibitor Superfamily, Cause Nagashima-type Palmoplantar Keratosis. Am J Hum Genet 93 (5): 945-956, 2013.