HOME > 医療従事者のみなさま > 実績・研究プロジェクト > 薬剤・食物アレルギー克服プロジェクト

薬剤・食物アレルギー克服プロジェクト

研究目的

 薬疹は、本来治療に必要な薬剤に対して過剰な免疫応答が生体で生じる状態であり、その一症状が皮膚に発疹として生じるため「薬疹」と呼ばれる。肝機能障害、腎機能障害など多臓器にわたって障害を来す恐れがある上に、重症型では致死的となりうるため、単に皮膚だけの問題でなく、つねに全身状態を把握する必要のある急性疾患と言える。通常の疾患と異なり、薬疹の発端は多くが医療行為に基づくものであることから、大きな社会的問題であり、これを予防、治療することは、医療従事者全体の責務である。

 一方、食物アレルギーは食物抗原に対する即時型アレルギー反応であり、掻痒をともなう蕁麻疹として皮膚に症状が出現する他、消化器症状、呼吸器症状を併発し、重篤な場合には血圧低下によるショック症状を呈する。近年、ある種の花粉症を有すると、比較的幅広い種類の食物抗原に対してアレルギー症状を呈することが分かってきた。食事は我々が生命を営むのに必須な行為であるだけでなく、良好な社会生活を送る上で重要な場面となる。食物アレルギーはこの食事という行為に制限をもたらし、人々のQOLを著しく低下させるため、食物アレルギーの克服は安全な食生活を送るために強く求められている。

 本プロジェクトは薬疹および食物アレルギーの病態解明を通じて、有効な診断法、治療法の開発に貢献することを目的とする。

研究概要

1.新しい薬疹診断法の検討

 薬疹を診断する上で、原因薬剤を同定することは非常に重要なステップの一つである。なぜなら、原因薬剤を同定できれば、薬疹を引き起こす薬剤を避ける事によって、薬疹の再発を防止する事が可能であり、また効率よく内服可能な薬剤を検索する一助にもなる。原因薬剤の同定は究極的には内服チャレンジテストで薬疹を再現することにより達成できる。しかし原因薬剤の同定が必要なケースは重症な薬疹を引き起こしたケースが多く、そのような例では内服チャレンジにより重症薬疹が生じる可能性があるため、近年では施行することが困難である。そこで、よりリスクの低いex vivoの検査で原因薬剤を同定できれば望ましい。従来、薬剤リンパ球活性化試験(DLST)が薬疹の原因薬剤検索において用いられてきたが、この検査法は偽陰性が多く、原因薬剤を検出できないケースにしばしば遭遇する。そこで我々は薬疹の原因薬剤同定のための新しい検査法として好塩基球活性化試験(BAT)の有用性を検討している。BATは元来IgE依存型の即時型アレルギーの検出に有用とされている一方で、薬疹でみられる遅延型アレルギー反応の検出においてBATの有用性は不明であった。しかし、検査方法を工夫することにより薬疹における被偽薬に対してBATで反応が検出できることが明らかになった。さらに、同時に施行したDLSTの結果と比較すると、BATで陽性反応を検出できる薬剤とDLSTで検出できる薬剤が異なる傾向をみとめ、BATとDLSTはそれぞれ異なる病態を検出しうる事が示唆された。今後、BATとDLSTを併用することにより、効率よく原因薬剤を絞り込むことが可能となる。そして、従来法で検出困難であった薬剤を検出する事により薬疹の全体像が明らかになり、将来的に有用な医療情報が蓄積されて行く事を望みたい。

2.食物抗原の交差性の検討

 食物アレルギー患者において、ある種の花粉症を持つとしばしば複数の食物抗原に対するアレルギーを持つ事が知られている。実際、そのようなケースの特異的IgE抗体を調べると、複数の食物抗原に対する抗体が検出されるが、何を食べてよいかが分からず、食べ物の選択に苦慮する方にしばしば遭遇する。私達は、花粉症と食物アレルギーの関係を血清学的に系統だって解析し、どのような交差反応が分子レベルで存在するのか、等を明らかにする事により、より良い診断法や治療法に結びつけることを目指している。