HOME > 医療従事者のみなさま > 実績・研究プロジェクト > 皮膚悪性腫瘍克服プロジェクト > 治験「TCR改変T細胞療法」

治験「悪性黒色腫」

医療機関の方へ

 

 現在、「化学療法剤投与による前処置後のMAGE-A4抗原特異的TCR遺伝子導入Tリンパ球輸注による固形 癌がんを対象とした多施設共同臨床第Ⅰ相医師主導治験」、「化学療法剤投与による前処置後のNY-ESO-1抗原特異的TCR遺伝子導入Tリンパ球輸注による固形癌がんを対象とした多施設共同臨床第Ⅰ相医師主導治験」を6施設で実施しています。治験の概略は以下の通りです。

治験の目的

 本治験は、従来の治療法では効果が期待されない、もしく進行した患者さんのうち、細胞にMAGE-A4またはNY-ESO-1と呼ばれるがん精巣抗原(がん細胞と精巣にのみ発現してているが、他の組織には発現していない抗原)がある固形がんの患者さんにご参加いただく予定です。治験製品(TBI-1201, TBI-1301)の安全性と血液中濃度及びがんを縮小させる効果をみることを目的しています。

対象

 進行期悪性黒色腫 (当施設)

被験者の選択基準 (概要)

<一次登録に参加いただける患者さんの条件>
1) 手術によってがんを完全に取り除くこと不可能で、標準的な治療法(化学療法、放射線など)が効かなくなった固形がんを持っている方
2) 白血球のタイプ (HLA)が HLA -A* 24:02の方(TBI-1201試験)、またはHLA-A*02:01, -A*02:06の方(TBI-1301試験)
3) がん細胞にがん抗原MAGE-A4(TBI-1201試験)またはNY-ESO-1(TBI-1301試験) を持っている方
4) 全身状態が保たれている方
5) Tリンパ球を得るための採血時点で、前治療 (手術・化学療法・放射線など)を実施中でなく、前治療の影響から回復が見込まれる方
6) 年齢が20歳以上である方
7) 骨髄、心臓、肺、肝臓、腎臓などに重い障害がなく、検査値が以下の基準を満たす方
・白血球数 2,500/mm³以上
・ヘモグロビン 8.0g/dL以上
・血小板数 75,000/mm³以上
・総ビリルン 基準上限値の 1.5 倍未満
・AST(GOT),ALT(GPT) 基準上限値の 3.0 倍未満
・クレアチニン 基準上限値の 1.5 倍未満
8) 本治験への参加にあたり十分な説明を受けた後、十分な理解の上、文書による同意をいただける方

<二次登録を継続いただける患者さんの条件>
1) 治験薬の調製が完了したこと
2) 全身状態が保たれている方
3) 骨髄、心臓、肺肝、腎臓などに重い障害 がなく、検査値が以下の基準を満たす方
・白血球数 3,000/mm³以上
・ヘモグロビン 8.0g/dL以上
・血小板数 100 ,000/mm³以上
・総ビリルン 基準上限値の 1.5 倍未満
・AST(GOT),ALT(GPT) 基準上限値の 3.0 倍未満
・クレアチニン 基準上限値の 1.5 倍未満
4) 本治験への参加継続にあたり十分な説明を受け後、理解の上にあたり十分な説明を受け後、理解の上、文書による同意をいただける方

被験者の除外基準 (概要)

<一次登録に参加いただけない患者さんの条件>
1) 以下の重い合併症がある方
・ 重い心臓病
・ コントロール不良な糖尿病 または 高血圧症
・ 重い感染症
・ 胸部X線検査による明らかな間質性肺炎 または 肺線維症
・ 活動性の自己免疫疾患
2) 重いアレルギー反応を起こす可能性がある方
3) 中枢神経 (脳や脊髄) にがん広がっている方
4) 活動性の重複がんがある方
5) B型肝炎ウイルス、C型肝炎ウイルス、HIV(エイズウルス)または HTLV1(成人T細胞白血病の原因ウイルス)に感染している方
6) 心肺機能が保たれていない方
7) ウシ、マスの動物由来成分に対して重いアレルギーがある 方
8) 本治験で用いられる薬剤に対して重アレルギーがある方
9) 治験参加に対する同意影響する精神的疾患や薬物依存がある方
10) 妊娠中 、授乳妊娠中、授乳(授乳を中止して再開ない場合除く) の女性、または男女を問わず治験参加に対する同意取得時から 治験薬の点滴終了後6ヶ月間、 医師の指導した方法による避妊同意できない方

<二次登録を継続いただけない患者さんの条件>
1) 以下の重い合併症がある方
・ 重い心臓病
・ コントロール不良な糖尿病 または 高血圧症
・ 重い感染症
・ 胸部X線検査による明らかな間質性肺炎 または 肺線維症
・ 活動性の自己免疫疾患
2) 重いアレルギー反応を起こす可能性がある方
3) コントロール不能な胸水・腹水、心嚢のう水がある方
4) 内服薬や点滴により副腎皮質ステロイド剤 または 免疫抑制剤を使用中の方
5) 心肺機能が保たれていない方
6) 治験参加に対する同意影響する精神的疾患、薬物依存がある方
7) 妊娠中 、授乳中(授乳を中止して再開ない場合除く)の女性、または男女を問わず治験参加に対する同意取得時から治験薬点滴終了後6ヶ月間、 医師の指導した方法による避妊同意できない方

試験のデザイン

 本治験に参加していただける場合は、治験製品のもとになるTリンパ球を得るため、最大200mLの血液を採取します。採取した血液は、細胞調製施設へ搬送され、そこで血液からTリンパ球を分離しタカラバイオ株式会社が治験製品を製造します。製造した治験製品は、所定の検査に合格し細胞数など決められた規格を満たしていることが確認された後に病院へ搬送します。決められた規格を満たしていないことが判明した場合は、患者さんにそのことを説明し治験への参加を継続するか検討いただきます。継続される場合、もう一度同意をいただき、再度最大 200 mL の血液を採取し治験製品の製造を行います。
 前処置開始日から治験製品の点滴後 7日目まで入院していただきます。治験製品の点滴後から、定期的に検査を行います。副作用等が認めれなかった場合は治験製品投与から 56 日目まで治験は行われますが、28日目に治験製品の効果判定を行い効果が認められな場合は、その時点で終了し、他の適切な治療を行うこともあります。その場合でも、一部の検査を続けて行います。

図 TBI-1201の試験の流れ
TBI-1301は下図の1201を1301に置き換えたものになります。

 

連絡先

 慶應義塾大学病院 03-3353-1211
  代表から皮膚科医局(62413)まで

 月曜〜金曜 10時〜17時

 折り返しご連絡させて頂きます。