HOME > 同窓会 > 同窓会

同窓会


慶應義塾大学医学部皮膚科学教室同窓会について

当会は、慶應義塾大学医学部皮膚科学教室に在籍するもの、在籍したことがあるものを中心に構成され、会員相互の学術向上と親睦融和を図ることを目的としています。

1920(大正9)年に発足した慶應義塾大学医学部皮膚科泌尿器科学教室は、1963(昭和38)年に皮膚科学教室と泌尿器科学教室に分離独立しました。同窓会として1927(昭和2)年に作られた「九泥会」は泌尿器科学教室に引き継がれたため(ただし現在は「九泥会」の名称は使われていない)、皮膚科学教室同窓会としては、1968(昭和43)年に第1回総会が開かれて設立されました。以後、総会の開催(毎年11月下旬)、同窓会誌の発行(1971(昭和46)年より)、各種研究会等の開催を通じて、同窓会員・教室員の交流の場としての役割を果たしています。

同窓会役員

会長・世話人代表:

仲 弥

副会長:

宮川俊一 野村有子

常任世話人:

櫻岡浩一 石河亜紀子 村田隆幸 鈴木洋介 木村佳史 佐藤友隆

地域世話人:

平井昭男 宮本伸子 早川和人 高橋慎一 田中 勝 寺木祐一 川島淳子 田口英樹 齋藤 京

教室同窓会世話人:

山上 淳 高橋勇人

教室連絡者:

齋藤昌孝

教室秘書:

熊谷啓子 丹羽彩花 石井麻貴